• TOP
  • コラム
  • 人事評価システムのメリットと導入で業務改善が図れた事例を紹介

2022.04.13

人事評価システムのメリットと導入で業務改善が図れた事例を紹介

人事評価システムのメリットと導入で業務改善が図れた事例を紹介

人事評価制度を運用するには、人事評価シートの入力や集計、定期的な面談やフィードバックなど、マネジメント層を中心として大きな負担が発生します。
しかし、パーソル総合研究所の「人事評価と目標管理に関する定量調査」によると、人事評価制度に不満を感じている人の割合は38.3%にのぼり、多大な労力を費やしているにもかかわらず、人事評価制度が機能していない企業が多く見られます。[1]
人事評価制度の課題を解決するなら、人事評価システムの導入を検討しましょう。とくに従業員数が多い企業の場合、人事評価の効率化は急務です。

この記事では、人事評価システムのメリットや目的、業務改善につながった事例を紹介します。

人事評価システムを導入するメリット2

人事評価システムを導入するメリットは2つあります。

  • マネジメント層の業務負担を軽減できる
  • 人事評価の納得感を高められる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

マネジメント層の業務負担を軽減できる

人事評価システムを導入すれば、目標設定やフィードバックなどの管理業務を効率化し、マネジメント層の業務負担を軽減できます。パーソル総合研究所によると、目標管理制度における課題として、47.4%の企業が「評価・目標設定プロセスでの上司層の負荷が高い」と回答しています。[1]
システム化によって非効率的な事務作業を減らすことで、業務効率化を実現可能です。

人事評価の納得感を高められる

同様にパーソル総合研究所の調べでは、「従業員の仕事へのモチベーションを引き出せていない(55.8%)」「評価に不満を覚える従業員が多い(43.3%)」という課題が挙げられています。人事評価システムを活用すれば、人事評価をより公平化し、納得感を高めることが可能です。
たとえば、人事評価システムには役職者の評価をグラフ化し、異常値を検出する仕組みがあるため、評価のばらつきを防げます。

人事評価システムを導入する目的は紙・エクセルからの脱却

そもそも人事評価システムを導入する目的は、従来の紙やエクセルを使った人事評価から脱却するためです。紙やエクセルでの人事管理には、次のような課題があります。

  • 人事評価シートの入力・転記・集計などの事務作業に時間がかかる
  • 従業員数が多い場合、人事評価シートの回収や承認作業に時間を要する
  • 人事評価シートを印刷する場合、用紙代やトナー代などのコストが発生する

しかし、人事評価システムを導入すれば、人事評価の入力作業や集計作業がすべてWeb上で完結します。人事評価がデータベース化されるため、役職者からのフォローやフィードバックもWeb上でおこなうことが可能です。人事評価をシステム化し、紙やエクセルでの管理を脱却しましょう。

人事評価システムを導入し、業務改善につながった事例を紹介

産業機器や工作機械などの販売を手がけるA社は、エクセルベースの人事評価制度を導入していました。A社の従業員数は300名を超えており、人事評価シートの配布・回収・保管だけでも多大な事務コストが発生していました。A社は人事評価システムの導入を検討したものの、利用者に大きな負担がかかる点を懸念していました。
そこで、A社は既存のエクセルファイルをそのまま取り込み、システム化できる人事評価システムを導入しました。結果として、従来の評価体制のまま人事評価の事務コストを削減でき、経営課題の解決につながりました。

人事評価システムを導入する際の注意点2

人事評価システムを導入するときは、「利用者にとって使いやすいシステムか」「紙やエクセルからスムーズに移行できるか」の2点に注意しましょう。

利用者にとって使いやすいシステムか

まずは人事評価システムの画面や操作性をチェックし、利用者にとって使いやすいシステムかどうか確認しましょう。可能であれば、無料のデモや人事評価シートのサンプルなどを活用し、システムを導入する前に使い勝手を確認することが大切です。

紙やエクセルからスムーズに移行できるか

すでに紙やエクセルでの人事評価を導入している場合は、紙やエクセルからスムーズに移行可能な製品を選びましょう。人事評価システムによっては、既存の評価体制を大きく変更しなければならない製品もあります。
その場合、新しい業務フローが定着するまで数年単位の時間がかかり、人事評価の効率化が遅れる可能性があります。

【まとめ】人事評価の工数削減なら人事評価システムの導入を!

人事評価制度の運用には多大な手間や工数がかかります。人事評価システムを導入し、人事評価シートの入力・回収といったムダな事務作業をなくすことで、業務効率化を実現できます。
すでに紙やエクセルでの人事評価を導入している場合は、紙やエクセルからスムーズに移行可能な人事評価システムを選びましょう。

人事評価のシステム化ならかんたんに導入できる人事評価シートDXがおすすめ

人事評価システムの導入なら、紙やエクセルの人事評価シートをそのままシステム化できる「人事評価シートDX」がおすすめです。従来の業務フローを変更せず、スムーズに人事評価をシステム化できます。
人事評価の入力もWeb上でかんたんにできるため、はじめて人事評価システムを導入する企業にもおすすめです。

コラム一覧へ戻る